国民病である水虫とヘルペスについて

国民病である水虫とヘルペスについて

国民病と言ってもいいくらいに多い水虫、患者数を調べることは難しいと言われています。
それは、病院に通って水虫を治している人、症状があるけど薬局の薬で治療している人、水虫の元となる白癬菌に感染しながらも症状が出ていない人・・・
このようになっているので、患者数を知ることは難しいのです。
しかし、水虫の薬の売れ行きなどを見ると、患者数は国民の5人に1人、もしくは4人に1人はいると言われています。
この数は予想なので確証はありませんが、このくらいはいるのでは?と思われています。

 

ヘルペスに関しても、抵抗力が落ちているときに、ヘルペスウイルスに感染しやすくなってしまいます。
唇にぽつっとした水ぶくれができたりしますが、あれがヘルペスウイルスです。
その他にも、ヘルペスウイルスそのものは8種類もあると言われ、性器ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹などもあります。

 

これらのウイルスも免疫力が落ちているときにもらいやすいことから、ラクトフェリンの免疫力アップ効果で予防することが可能です。
ラクトフェリンは摂取量を毎日水で飲むだけという手軽さですから、何も難しいということはありません。
トローチタイプは水を使用せずに服用することができます。