活性酸素の過剰発生を抑制

活性酸素の過剰発生を抑制

ラクトフェリンには、活性酸素の過剰発生を抑制する効果があります。活性酸素とは、老化の原因や病気のもとになってしまういわば悪い意味の物質です。
からだに悪いことを行うと活性酸素が過剰発生すると言われています。
体に悪いことはかなりの数ありますが、その中で気を付けられるようなこともあれば、本人の意志にあまり関係ないものもあります。
その典型的な例がストレスです。
ストレスで活性酸素は過剰発生することが分かっています。ストレスがさまざまな病気の原因となるのは、ストレスにより活性酸素が発生するからです。
このような場合にも、ラクトフェリンが活性酸素の過剰発生を抑制してくれます。
動脈硬化やがんなどの病気も活性酸素が関係していると言われています。

 

老化防止の効果というのも幅広い効果があり、白髪やシワ、シミ、目の病気などあらゆる老化現象があります。
確かに、同じ年齢の人でもこの老化現象は早く起きる人とそうでない人がいます。年齢より老けて見える人とそうでない人がいるように・・・。
ということは、ラクトフェリンは老化をゆるやかにする効果があると言ってもいいでしょう。
高級な化粧品などを使うより、実際は効果があるのかもしれませんよ。