骨粗しょう症に効果

骨粗しょう症に効果

ラクトフェリンは骨粗しょう症に効果があると言われています。
骨粗しょう症と言えば、ある程度年齢を重ねた女性が多く抱えている病気というイメージなのですが、いきなり骨粗しょう症になるわけではありません。
長い年月をかけてそうなっているのです。
最近は、骨密度を測定する機械も普及しているので、若い女性でも自分の状況を知る機会があります。
これは良いことのひとつですね。

 

もともと骨粗しょう症とは、カルシウム不足や女性ホルモンの減少により、骨内のカルシウムが溶け出してスカスカになってしまう状況を指します。
特に閉経後は女性ホルモンの分泌が減少するので骨の破壊が進みやすくなります。
ラクトフェリンは、骨芽細胞やコラーゲンの生成量を増やす効果があるので、骨粗しょう症には効果的だと言われています。

 

また、ラクトフェリンに含まれる成分でカルシウムなどが同時配合されているものを選べば、より効果が増すでしょう。
やはり、骨粗しょう症になっている人を聞くと、乳製品が苦手という人が圧倒的に多いということが分かります。(乳製品をよく食べている場合でも骨粗しょう症になっていることもあります)
ラクトフェリンのラクトはミルクという意味があるように、乳製品も積極的に摂取する方が広い意味で骨粗しょう症を予防する効果はあるでしょう。